ブログ

  • TOP
  • ホームページの新着情報更新がストップしていませんか?(CMS活用)

ホームページの新着情報更新がストップしていませんか?(CMS活用)

2017/10/10

 御社ホームページのTOPページに『新着情報』『最新情報』『ニュース』『トピックス』といった名称の枠があっても、更新日時が古いままで止まってしまっていないでしょうか?


 情報が古い更新日時のままだと、初めて御社のことをホームページで知ったお客様に「この会社は本当にまだあるのか?今でも変わらず事業を行っているのか?」といった疑念を抱かれる場合もあります。


 もし、更新ができていないのであれば、その原因はどのようなところにあるのでしょうか。


【原因1】更新の仕方がわからない
 現在お使いのCMS(ホームページ更新システム)の操作が複雑過ぎて、更新できない。また、前任者が異動または退職し、引継ぎが十分でなかったために操作方法自体がわからない。といったことが考えられます。


【原因2】掲載する記事がない
 「何かの時に使うのでは…」とCMSを導入して設置してはみたものの、掲載するような記事がないという場合があります。

 
 【原因1】の対応として、現状CMSの操作をマニュアル化したり、導入事業者に指導してもらうよう依頼したりといったことが考えられます。


 または、そもそも導入したCMS自体の操作が非常に難しいといったケースもあります。


 CMSの見た目はword文書を作成するように操作できるようになっていても、改行したり文字の大きさや色を変更する際に、ソースコードやタグなどHTMLの専門的な知識が必要なCMSの場合、知識のない新入社員や後任者がホームページ担当になってしまったため、ちょっとした更新もできなくなっていることもあります。


 CMSが複雑な仕組みになっているので、ちょっとした更新を行うだけでも非常に時間がかかってしまうということになると、スタッフの生産性が低下してしまいます。


 このような場合は、CMS自体をもっと簡単に更新できるものへと変更するということも選択肢の一つとして考えられます。


 また、CMS自体を導入していないため、更新する度にホームページ制作会社に連絡が必要で、更新のたびに費用が発生するので、更新を躊躇してしまうこともあります。


 この場合、更新頻度が多い場合には、コスト削減につながりますので、CMS導入の効果は非常に高くなると考えられます。

 
 【原因2】の対応としては、暑中見舞いや新年のご挨拶、年末年始の休業日のお知らせなどの定例の情報だけでも掲載するだけでも、ホームページがきちんと更新されている印象を与えることができます。


 ホームページの新着情報が更新されていないと、せっかく立派なホームページ作成しても、お客様に良い印象を与えることができません。


 この機会に、御社ホームページの新着情報の運用をご確認いただければ幸いです。

 
 メディアコアでは、CSMについて過去多くのホームページ制作やリニューアルに携わってきた経験から、使い勝手の良さを特に意識して開発した『メディアコアオリジナルCMS』を、お客様からいただいたご意見を踏まえて改良を重ねて提供し続けています。


 特に、上述のように現状のCMSの使い勝手が悪い、またCMSを導入していないので更新の度に費用が発生している場合には、当社CMSが間違いなくお役に立つと考えられますので是非ともお問い合わせ下さい。


 なお、当社CMSは機能を絞ってご提案させていただきますので、例えば「新着情報部分だけを更新するCMS」といった導入も可能なので、中小企業や小規模事業所の皆様でも非常に導入いただきやすい価格でご提供いたしております。※導入するサーバ環境やWEB仕様などの条件によりCMSが導入できない場合もあります。 


 メディアコアオリジナルCMSについての詳細は下記リンクよりご覧いただけます。